fc2ブログ

こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

海外「江戸時代 日本の火消しの衣装が粋でかっこいい!」 海外の反応

19世紀、日本の火消しのコートには、碁盤の上を飛び回るクモが描かれている





(海外の反応をまとめました)





人気の記事



【海外の反応】三笘薫が首位アーセナルからゴールを奪う!「チェルシーが1億ポンド出すよ」



外国人「凄すぎる」三笘薫、アーセナルからゴール!海外のファンが絶賛!冨安と日本人対決実現!【海外の反応】



海外の反応:三笘薫がアーセナル戦で圧巻ゴール!幻の2点目も!首位相手に存在感を発揮し現地絶賛!「何者なんだ?」







■ この場面は、武士の英雄源頼光(948–1021)が病気になったとき、巨大なクモに扮した悪僧の訪問を受けた物語からのものである。頼光は変装を見抜いてクモの僧に襲いかかり、従者4人(彼を守りながら碁を打っていた)が飛び上がって侵入者を巣穴まで追跡した。

■ 変装を見抜いた?巨大なクモが来たら、とりあえず攻撃するでしょ?

■ あのクモ、実はかなりフレンドリーな顔をしている。

■ クモは護衛たちがやってる碁を見たかっただけなんだよ。

■ 一般論として、巨大なクモが「訪問」してきたら、問答無用でその場で攻撃すべき。この哲学で、ここまで長生きすることができた。

■ それゆえ、消火のシンボルにもなったのだ。

■ この作品は「消火活動で忙しく、詰所に戻って碁も打てない!」という意味だと思ったよ。

■ 史上最高のキノコトリップ。

■ 日本の民間伝承はすごいけど、それと火事と一体どんな関係があるんだろう?消防士は囲碁を打つ護衛で、クモが火ということなのか?疑問がいっぱい。




■ これを着てみたい。

■ 美しいね。

■ 数か月前にオークションで日本の消防士のジャケットを買ったよ。とても着心地がよくて、ほとんど毎晩セーターのように着てる。着て出かけると、たくさん褒められる。

■ 現代のもの?それともこのような古いもの?

■ 今でも同じように、非常に丈夫な厚手の綿織物で作られている。私が買ったのは50年は経っていないはず。デザインは違う。私はハワイに住んでいいて、デザインを解読してくれる日本人観光客を探しているところ。




■ ウェアラブルなミーム。



■ 素晴らしい。



■ クモに勝たせよう

■ クモは黒と白のどちらだろう?黒が広い領域を持っているように見える。




■ 美術館



■ 見慣れたトロール・フェイスだ



■ あのクモはセガのミッキーとドナルドのゲームを思い出させる。



■ このシャツ欲しい。



■ 文字通り、今日これを着ても大絶賛されそう。とてもクール。



■ ニューヨークに行ったら、メトロポリタン美術館の着物の展示をチェックすることをお勧めする。美しい消防士のジャケットが展示されているよ。



ソース1



人気の記事



海外「これハマる!」米国で密かに人気な日本のあのアイスを海外が大絶賛



海外「こんな国が他にあるか…?」 外国人に対する日本人の本音を伝える投稿が大反響



韓国人「韓国人が考える『日本の女性の方が韓国人女性よりもっと美しい』と思う理由がこちらです‥(ブルブル」 韓国の反応



関連記事

[ 2023/01/01 08:40 ] 日本 | TB(0) | CM(14)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 228729 ]
裏勝りという当時のファッション。身分によって衣食が制限されていたのでその反発から生まれた。
[ 2023/01/01 09:39 ] [ 編集 ]
[ 228730 ]
クモの目がクリクリしてて割とカワイイ
[ 2023/01/01 09:46 ] [ 編集 ]
[ 228731 ]
囲碁のくだりは「囲碁を打っていたら化け物に取り囲まれたが、動じずに打ち続けた」というはなしで、四天王の豪胆さや危機に動じない事の演出。
この図柄はそれにあやかろうとの意図だろう。

「巨大なクモに扮した悪僧の訪問」は逆。僧に化けた巨大な蜘蛛の訪問。
[ 2023/01/01 10:02 ] [ 編集 ]
[ 228732 ]
刺子半纏かな
現場では水を被って
火の中に果敢に飛び込んで消化活動する 
[ 2023/01/01 11:04 ] [ 編集 ]
[ 228733 ]
蜘蛛は日に弱いからな。
[ 2023/01/01 11:11 ] [ 編集 ]
[ 228734 ]
土蜘蛛は天保の改革に対する風刺として歌川国芳が題材として使用し、一世を風靡したそうだ。
[ 2023/01/01 11:15 ] [ 編集 ]
[ 228735 ]
確かに中々粋だね。
[ 2023/01/01 12:06 ] [ 編集 ]
[ 228739 ]
ハワイの人が買ったのはただの綿入れ半纏(どてら)か消防団の半纏じゃないの
50年どころか100年前でも半纏で消化してる消防士なんかおらんわ
[ 2023/01/01 13:31 ] [ 編集 ]
[ 228740 ]
クモや碁盤のパースが狂っているのは実際に着て帯をしめたあとの見栄えを考えているのであろふ
とまれ下手くそな絵である
まこと、下々の者たちの俗物性は今も昔も変わらない
[ 2023/01/01 13:37 ] [ 編集 ]
[ 228741 ]
今でも、部落の消防団、年末の夜警団では、刺子(分厚い柔道着みたいな素材)が使われてる。
ダウンジャケット等は、焚き火の火の粉で、すぐ穴が開くから、冬のキャンプ、節分のお焚き上げには注意な。
[ 2023/01/01 14:24 ] [ 編集 ]
[ 228750 ]
火消し半纏というんだが
今でいうキルティング重ね、綿入り刺し子技法というやつだ
「この美しい絵柄が裏」だよ
リバーシブルになってる
表側には「め組」とかの、いろはの一文字が描かれて、それを表にして着用、一目でどこ所属かわかるようにしてある
これは19世紀の作品
裏側が美しいのは、この時代は贅沢な着物着たら怒られたから
実際の出動時にはこれを表にして着用して、頭から水をかぶる
綿入りキルティングだから水をよく含むんだが、真冬でもそうやってわざとビタビタに濡らして現場に飛び込むんだ
実際にメトロポリタン美術館で、再現したいろんなかっこいいデザインのやつを売っている
龍虎や加藤清正、龍、自来也、鳳凰と花、般若、鎌倉武士、鯉からの昇龍、水滸伝、歌舞伎役者などいろいろある
[ 2023/01/01 20:32 ] [ 編集 ]
[ 228753 ]
>とまれ下手くそな絵である
見る目ゼロ過ぎる。写真見たいな絵しか上手いと思えないのは小学生までにしておきなさい。
[ 2023/01/01 21:39 ] [ 編集 ]
[ 228761 ]
>>228740
火消し半纏は通常羽織りっぱなしで普通の半纏でもせいぜい前紐を留めるだけ、帯なんか締めません残念でしたw
こんなん常識なんだけども偉ぶった書き方で知ったか丸出しを晒して恥かいた気分はどう?ゾクブツくん
[ 2023/01/02 10:17 ] [ 編集 ]
[ 228768 ]
これをわしゃわしゃ動かすだけでボブネミミッミ
[ 2023/01/02 12:06 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク