fc2ブログ

こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

海外「ハート型の穴を持つ14世紀の日本の斧を見てみよう」←「かわいい!」 海外の反応

ハート型の穴と銅製の軸を持つ入峰斧。日本、室町時代、14世紀

画像
Mountaineer's axe with heart-shaped holes and bronze reinforced shaft. Japan, Muromachi period, 14th century [3200x3600] from r/ArtefactPorn



(海外の反応をまとめました)






投稿者
■ 入峰斧は山伏が山林に入る時に、行路を切り開くのに用いる実用品であったが、後に形式化し儀式用具としても用いられた。この品は、中央部を細くした撥形の刃を柄に挿し通したものである。刃面は中央にハート形の透かしを開けて銅製の覆輪を嵌め、後ろ側の峰は三弁形に作り、面に同様の透かしを開けている。柄には銅板が螺旋状に巻き付けられている。修験道の行者である山伏は、各地の霊山など険しい山岳に入って修行するため、山野を跋渉するのにふさわしい各種の道具を携行していた。この斧は装飾を抑え、実用に徹した力強さが感じられる品である。滋賀・神照寺伝来とされる。
重要文化財|入峰斧|奈良国立博物館


■ おお、これは本当に興味をそそるね。京都に猪目窓のお寺があるけど、名前は忘れちゃった。inomeってハートの意味だと思ってたけど、猪の目を表してるということを知ってすごく面白い。
追記:京都の正寿院だ。

■ 互いに接触のほとんどない二つの全く違う文化が違う目的のために全く同じデザインを考え付いたのはとてもクールなことだと思う。日本では猪の目は何を表してるの?

■ 伝統的に、猪は突進する時にターゲットから目を離さず、自分への危険を顧みないと考えられている。

■ ああ、"戦闘での勇敢さ"タイプのモチーフということか。それなら武器につけるのも納得だね。

■ 武士の刀の鍔にもしばしば猪目が取り入れられてる。

■ 西洋のハートのシンボルは古代ローマ由来だとどこかで読んだことがある。シルフィウムというハーブ(絶滅するまで収穫された)は、古代の避妊薬であり媚薬であるとされ、その種はハートの形をしていた。それでハートのシンボルは愛/情熱/元気と関連する。




■ ハートとピンク(っぽい)色は我々の文化に深く根付いていてこれをかわいくないものとして見ることは本当に難しい。

■ 中世ヨーロッパのものを見ると剣の鞘や他の"男らしい"ものにハートが散りばめられているのが分かる。それは情熱や活力を表すものとされていた。ピンクでかわいいというイメージは非常に最近のもので、文化の地理的分離というより時代の産物だよ :)




■ 昔から日本はかわいいことやってたんだな。



■ セーラームーンの武器みたい。



■ 興味深いことに日本ではハートのシンボルはヨーロッパ人が到達するまで違う意味を持っていたらしい。



■ とても印象的だ。特に鉄の質のため精練が高価になって使用が制限されていたことを考えると、これはとても高価だったに違いない。



■ 愛は痛みである。



■ 迷子になった魔法少女が持ってそう。



■ 愛の力。



■ ものすごく背が高くて、長いピンク髪のアニメガールがこれを持ってるのが見えるのは俺だけ?



■ 「愛してるぜ、ハニー」って叫びながら敵に振りかざす。



■ 興味深い。大陸の隣人と違って日本人が斧を使うところはあまり想像できない。

■ これは戦闘用ではない。木を切るのは刀より斧の方が簡単だろう。




■ これで人を殺しても心臓発作で死ぬので殺人にはならない。



■ かわいい。



■ これ絶対ジョジョの奇妙な冒険のものだろ。



■ この古い武器ですごいのは電動工具を一切使わずに作られているところ。水車で動くハンマーのようなものはあったかもしれないが、研磨機やドリルもない。驚くべき手仕事だ。


ソース1


本日の人気記事


海外「まさに別次元!」日本の対災害建築技術を紹介した動画に称賛の声

【悲報】韓国の街並みを見た外国人の感想…あまりにも正直過ぎた模様=韓国の反応

海外「当然だね!」日本のアニメが米国テレビ番組王座になって海外がびっくり仰天
関連記事

[ 2021/01/29 08:40 ] 日本 | TB(0) | CM(29)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 193758 ]
>西洋のハートのシンボルは古代ローマ由来だとどこかで読んだことがある。

日本にはハート型の土偶があるぞw
[ 2021/01/29 08:57 ] [ 編集 ]
[ 193759 ]
藪を切り開くものとしても
錫杖の代わりとしても
この形状だとおかしいのでは。
戦斧だな。
[ 2021/01/29 08:58 ] [ 編集 ]
[ 193760 ]
道具であり非常時は武器なのか?
[ 2021/01/29 09:00 ] [ 編集 ]
[ 193761 ]
欧州のものにしか見えん
[ 2021/01/29 09:04 ] [ 編集 ]
[ 193762 ]
これは初めて知った。何ともおしゃれだな。
[ 2021/01/29 09:17 ] [ 編集 ]
[ 193763 ]
デザインの所為か、和のものと言うよりも、欧州のものに見えるな
地理的にも、文化的にも、非常に離れているのに同じデザインに至る不思議w
[ 2021/01/29 09:19 ] [ 編集 ]
[ 193764 ]
これは書いてある通り儀仗のように形式化したものなんだろうな
こんなに頭が軽いんじゃ木を伐るのには全く向かないし、かといって低木を刈って山道を進むには2m近い柄と短すぎる刃渡りがアンバランスすぎる
[ 2021/01/29 09:25 ] [ 編集 ]
[ 193765 ]
既出なのかも知れないが
なろう系コミックで使いたいアイテムだな
[ 2021/01/29 09:27 ] [ 編集 ]
[ 193766 ]
ネタかと思ったら実在するのか
まあ、今のハートとは意味が違うんだろうけど
どんな人がこれを持ってたんだろう
[ 2021/01/29 09:49 ] [ 編集 ]
[ 193767 ]
西洋っぽいと言ってる人は神社や仏壇をみてみるといいよ
結構高確率で使われてたりするから
[ 2021/01/29 09:50 ] [ 編集 ]
[ 193768 ]
ハートじゃなくて猪目だよ
[ 2021/01/29 10:47 ] [ 編集 ]
[ 193769 ]
セーラームーンの武器www
確かにアニメに出てきそうだ
[ 2021/01/29 10:54 ] [ 編集 ]
[ 193770 ]
猪目の窓ってのは正寿院のことかな
[ 2021/01/29 10:57 ] [ 編集 ]
[ 193771 ]
>>日本人が斧を使うところはあまり想像できない。

室町時代くらいまでは武器としても、けっこう使われたんだけどな。太平記にも登場する
[ 2021/01/29 11:09 ] [ 編集 ]
[ 193772 ]
斧と鉞の違いがわからん
[ 2021/01/29 11:28 ] [ 編集 ]
[ 193773 ]
ハートの意匠と言うよりカタバミとかでは
[ 2021/01/29 11:46 ] [ 編集 ]
[ 193774 ]
ハートの形は雑草にもあったし珍しくないんだろうがピンクっぽい地金の色がw
コスプレ用にしか見えん
[ 2021/01/29 12:07 ] [ 編集 ]
[ 193775 ]
ハート型は日本古来から猪目模様と言われ、魔除けや火伏せの文様として建物や武器など様々なものに印されていた
[ 2021/01/29 13:03 ] [ 編集 ]
[ 193776 ]
猪目ってのは猪の目じゃなくて、鼻の形をあしらったものらしい
ハートを逆さにすると豚や猪の鼻の形になる
[ 2021/01/29 13:05 ] [ 編集 ]
[ 193777 ]
山野を跋渉するってことは、人外のテリトリーだから草木切除以外にも危険な獣にも遭遇するからね
持ち歩くものが多数でも邪魔になるだけで瞬時に役に立たず、普段使いの防装具が武器兼用となるものでないと話にならないからね。
[ 2021/01/29 13:36 ] [ 編集 ]
[ 193778 ]
キュウリがくっつかなくなるんだよね
[ 2021/01/29 13:46 ] [ 編集 ]
[ 193779 ]
入峰斧は山伏が山林に入る時に、行路を切り開くのに用いる実用品であったが、後に形式化し儀式用具としても用いられた。この品は、中央部を細くした撥形の刃を柄に挿し通したものである。刃面は中央にハート形の透かしを開けて銅製の覆輪を嵌め、後ろ側の峰は三弁形に作り、面に同様の透かしを開けている。柄には銅板が螺旋状に巻き付けられている。修験道の行者である山伏は、各地の霊山など険しい山岳に入って修行するため、山野を跋渉するのにふさわしい各種の道具を携行していた。この斧は装飾を抑え、実用に徹した力強さが感じられる品である。滋賀・神照寺伝来とされる。
[ 2021/01/29 14:02 ] [ 編集 ]
[ 193780 ]
こんなオサレデザインの斧が日本にあったなんて
意外だな
[ 2021/01/29 15:30 ] [ 編集 ]
[ 193781 ]
どっかのお城の城門にもハートの模様があって、仏教では意味のあるマークなんだって博士ちゃんで言ってたな
[ 2021/01/29 16:43 ] [ 編集 ]
[ 193788 ]
西洋は卍をドイツが盗用したように、実は猪目も盗用してたのかw
[ 2021/01/29 18:17 ] [ 編集 ]
[ 193793 ]
猪目は神聖で魔除けの意味合いがあるからだろうな
[ 2021/01/29 19:05 ] [ 編集 ]
[ 193801 ]
そう言われるとなんだか色までかわいい
おっさんが使っていたんだろうか
なかなかオシャレだな
花の慶次やなんかのあの辺りの原哲夫の時代劇に、たまに服の模様なんかに出てくるんだが
山伏か、、、もしかした弁慶だってオシャレな武器を持っていたのかもしれない
[ 2021/01/29 20:02 ] [ 編集 ]
[ 193832 ]
よく見たらハートの周りとか細かいね
斧部分がピンクゴールドで
ハートの模様部分がイエローゴールド
ハートのフチの細いところがホワイトゴールドなら
ゴージャスで可愛いだろうな〜
[ 2021/01/30 17:44 ] [ 編集 ]
[ 194123 ]
>■ 興味深い。大陸の隣人と違って日本人が斧を使うところはあまり想像できない。

斧や鉞を使った武芸流派ってあんまり聞かないので、気持ちは分かる。
坂田の金太郎さんだって海外では無名だろうし。

一応、「神道発想流斧術」という流派と、そこから派生した「斧道」なる武道があるらしいけど。
しかし、神道発想流で検索しても、いつ頃から出てきた流派なのか判然としない。
なお公式ブログを見ると、山伏の恰好した人が斧ふるってる写真があるので、修験道と関連した武術ぽい。

また「鉞術」で検索すると、「甲賀護身の会」というところの動画で「斧術」と「鉞術」を紹介してた。
伝統的な物かどうか知らんけど、さわりだけ見てみたら、斧と鉞では使い方が異なるとか何とか言ってた。

ちなみにハンガリーとかあっち方に武術で斧を使った武術があって、20年近く前の「笑ってコラえて」で特集してたけど、斧頭を相手の腕に引っ掛けつつ背後に回って関節を極める技とかがあって興味深かった。
[ 2021/02/05 01:34 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク