fc2ブログ

こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

日本海軍大和型戦艦の26インチ装甲 vs アメリカ海軍16インチ砲の対決 海外の反応

アメリカ戦艦の16インチ(40.6cm)の砲弾 vs 日本の戦艦の26インチ(66cm)装甲

画像
This is what one American battleship shell(16 inch) does to a 26 inch plate of armor from a Japanese battleship. from r/interestingasfuck



(海外の反応をまとめました)






■ 26インチ(66cm)の装甲だと。そりゃすごい!

■ 66cmより厚く見えるけどね。カメラのアングルのせいでそうなってるだけかな。

■ これは大和型の主砲防盾で、あらゆる戦艦の中で最も分厚い装甲。でもテストは非現実的なものだった。砲は至近距離から発射され、90度の角度で命中した。船上では斜めに取り付けられて、実質的にはさらに厚くなってただろうし、砲弾の速度ははるかに遅かったろう。




■ これだから海戦では急速にミサイルが使われるようになったんだ。敵が射程のはるか外にいるうちに沈めた方が良い。海軍の巨大な大砲が短命だったのは皮肉なものだね。

■ ミズーリは第1次湾岸戦争で使われた。でも君の言うように彼らの全盛期はかなり短かったね。

■ そして今や海戦そのものすら事実上時代遅れになってる。

■ 水上艦による大規模海戦という意味ではね。水上艦は現代でも居場所はあるし、海軍の航空戦と潜水艦戦は極めて重要。




■ ウィンストン・チャーチルはかつて言った。"しろうとは戦艦の戦いを騎士の馬上槍試合のようなものだと思っている。真実はスレッジハンマーで戦う卵同士のようなものである。"

■ 砲弾があまりにも大きくて二人がかりでようやく持ち上げることができたくらいだもんね。

■ 二人では全然足りないよ。機械の力も借りて持ち上げてた。16インチ徹甲弾は一発1.35トンだ。




■ これは大和の装甲に違いない。海底から回収されたの?

■ 大和型3番艦の信濃向けの砲塔だよ。信濃は空母になって、砲塔は未完成のまま保管された。戦後、海軍が装甲のサンプルを入手してテストした。"至近距離からの射撃"だったことも注意しておくべき。




■ あんなのが命中したら中にいたらどれだけうるさかったことか。



■ すごいね。あんなものがどうやって浮いてたんだ。



■ 今や我々の空母は超音速ミサイル一発で破壊されてしまう可能性がある。



■ テスト下の至近距離という条件では貫通したけど、より実践的な戦闘の距離と条件では16インチ砲は弾かれただろう。



■ これは日本帝国海軍の信濃から取り外された砲塔の装甲のはず。そして弾は至近距離から発射された。



■ アメリカの破壊力を実証してるな。



■ もし俺が死刑になることがあったらあの砲で処刑して欲しいわ。



■ 記念碑になってしまったか。俺はまだ記念碑にはなりたくないので、アメリカとはケンカするなってことを思い知らせてくれるわ。



■ 戦時中の日本はとんでもなく狂ってたが戦後はびっくるするくらい静かになったよな



■ 俺はこれをガスバーナーで切断するのにどれほどの時間がかかるかの方に興味がある。



ソース1



本日の人気記事

海外「日本は賢い」「こんな状況になるとは」EU離脱後のイギリス、日本との貿易交渉に苦戦!?

韓国人「韓国政府、日本品種の米を韓国から追い出す模様・・・」→「今って21世紀で合ってるよな」

日本人名義の土地・建物、3000件抹消…日帝残滓清算=韓国の反応
関連記事

[ 2020/08/06 19:15 ] 日本 | TB(0) | CM(34)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 180461 ]
至近距離で打ち込んでもこの程度の穴しか開かないんだな
[ 2020/08/06 19:25 ] [ 編集 ]
[ 180462 ]
戦前も戦後も狂ってるのはお前の方だ
[ 2020/08/06 19:29 ] [ 編集 ]
[ 180464 ]
あめりかの負けず嫌いがよくわかるテスト
[ 2020/08/06 19:31 ] [ 編集 ]
[ 180465 ]
>>18046

実際「我が国の砲弾は世界一巨大な大和でも打ち抜く」アピールだったと大和関連の図鑑で見たことがある。
世界一の巨大戦艦を持てなかったアメリカの負け惜しみだそうだ。
[ 2020/08/06 19:38 ] [ 編集 ]
[ 180466 ]
国家存亡の危機が掛かってた時代におとなしくしてる方が異常だろ
平日ですら暴れアメリカ野蛮人とは違う
[ 2020/08/06 19:44 ] [ 編集 ]
[ 180468 ]
ネタ古すぎ
何回使いまわすんだよ
[ 2020/08/06 20:02 ] [ 編集 ]
[ 180469 ]
そら大和の主砲でも抜けないように作ってるからな
当時の戦艦の装甲はその艦の主砲でも抜けないようにするからミズーリの16インチ砲なら抜けないわな
大和型の主砲は18インチだし
[ 2020/08/06 20:04 ] [ 編集 ]
[ 180470 ]
アジアで植民地にされていなかったのは日本とタイだけだった、狂ったように立ち上がって当然だ。何を言っているんだこの馬と鹿の外の人どもは。
[ 2020/08/06 20:15 ] [ 編集 ]
[ 180471 ]
ざこはなんにんあつまろうがざこwwwww
[ 2020/08/06 20:22 ] [ 編集 ]
[ 180473 ]
ミサイル一発で空母を落とすって…
あのハリネズミを安易に落とせるかね?
[ 2020/08/06 20:29 ] [ 編集 ]
[ 180474 ]
>世界一の巨大戦艦を持てなかったアメリカの負け惜しみだそうだ。

負け惜しみってww
[ 2020/08/06 20:30 ] [ 編集 ]
[ 180475 ]
条件を最大に有利にしても16インチ砲じゃ弾がめり込んだだけだからしょうがない
徹甲弾だから貫通して重要区画にダメージ与えてナンボだし
[ 2020/08/06 20:37 ] [ 編集 ]
[ 180476 ]
>でもテストは非現実的なものだった。砲は至近距離から発射され、

あんまり遠いと当てるの大変そうだしね…
[ 2020/08/06 20:39 ] [ 編集 ]
[ 180477 ]
でっかい砲と、ごっつい装甲。
ともかく、男の子なら撃ってみたくなる罠。
研究とか全部口実。関係者全部小6男子モード。
[ 2020/08/06 20:43 ] [ 編集 ]
[ 180478 ]
何度も射撃して抜ける位置まで近付けたのだろう
[ 2020/08/06 21:03 ] [ 編集 ]
[ 180479 ]
装甲を打ち抜けなかったとしても、砲塔付け根が歪んで回らなくなったり、船が転覆したりしそう
[ 2020/08/06 21:17 ] [ 編集 ]
[ 180481 ]
砲撃で沈んだ戦艦って存在したっけ?
戦闘能力を喪失して自沈処分したのはよくあったが。
戦艦が沈んだ原因は喫水下への魚雷だろう。
[ 2020/08/06 21:29 ] [ 編集 ]
[ 180482 ]
こんな分厚いのどうやって溶接したのかな 内側から外板に貼り付けたのかな
[ 2020/08/06 21:35 ] [ 編集 ]
[ 180483 ]
>負け惜しみってww

おまえアメリカ人のナンバーワンへのこだわり知らんのか
[ 2020/08/06 21:37 ] [ 編集 ]
[ 180484 ]
戦艦の主砲は殆ど当たらないから、航空機による攻撃や雷撃が主流になったんだろ。
どんなにデカい主砲を積んでも、当たらなければ意味が無い。
[ 2020/08/06 21:38 ] [ 編集 ]
[ 180487 ]
16インチと言ってもアイオワ級で使われているMark8徹甲弾は重いので
18インチに近い貫通力はある
ただAPと言えど威力に直結する炸薬量が大和の九一式よりだいぶ少ないので破壊力は大差やな
まあ砲身も軽いし総合的にはいい主砲だと思うで
モンタナ級での増し増し12門も見てみたかったな(お荷物確定だが)
[ 2020/08/06 22:53 ] [ 編集 ]
[ 180492 ]
アメリカ人らしい、
趣味の悪いモニュメントだな(笑)
[ 2020/08/06 23:27 ] [ 編集 ]
[ 180496 ]
いつまで自分たちが常に正しいと錯覚したままの正義病の妄想にかかってるんだろうなアメリカは
歴史的に裏で色々やってるのはもうバレてるだろうにいつも狂ってたり悪いのは相手だと思ってやがる
[ 2020/08/07 02:36 ] [ 編集 ]
[ 180498 ]
戦艦大和ってほんと日本のダメなところを象徴してるよな
日本は時間をかけて一つのことを極めるのには長けてるが、
現実には、それをしてる間に周りの時代が次世代に移ってしまって
せっかく極めたのに時代遅れの無用の長物になったり
次世代の桁違いの性能の相手に負けるっていう
[ 2020/08/07 03:41 ] [ 編集 ]
[ 180500 ]
>>180498
日米英で最初に戦艦を作るのを辞めたのは日本なんだが
しかも世界初の空母は鳳翔だし世界初の空母機動部隊は日本の第一航空艦隊だぞ
そもそも開戦時点で大和武蔵は就役直前だし信濃はちゃんと空母に転用してるんですがそれは…
[ 2020/08/07 06:47 ] [ 編集 ]
[ 180501 ]
>>180500

んで結局過度に大和型につぎ込んだ分を回収できてないんですがそれは・・・
結局時代遅れのものにリソースを分けすぎて時代に追いつけてない
ま、こんなことは日本の十八番だから
レーダーもQRコードも他にも枚挙にいとまがない
次世代のものよりも時代遅れになるものにリソース分けて時代に遅れる
[ 2020/08/07 07:01 ] [ 編集 ]
[ 180502 ]
非現実的な条件での悪意ある素人騙しで有名なモニュメントだよねこれ。
あらゆる戦艦の装甲というのは、どんな距離と角度でも砲弾をはじくようには作られてない。
簡単に言えば遠すぎれば落下角の増大で天板を撃ち抜かれるし、近すぎれば側面装甲を撃ち抜かれる。
この遠すぎず近すぎない想定砲戦距離以外から撃たれれば長門でも大和の装甲をスパスパ貫通できる。

5000mでようやく抜けたものらしいが、こんなの敵軽巡のぶっぱなす短足魚雷ですら恐れおののいて逃げ回る距離でしょw
[ 2020/08/07 07:10 ] [ 編集 ]
[ 180503 ]
大艦巨砲主義批判のしったかがいつも湧くな
当時の海軍でリソースを何に振ろうが、油も鉄もなけりゃ同じ事やで
空母量産したって艦載機も搭乗員いなけりゃただの箱か囮艦や
現に最後はそうなってたやろ
[ 2020/08/07 08:13 ] [ 編集 ]
[ 180504 ]
>大艦巨砲主義批判のしったかがいつも湧くな
これ
テレビとかの影響でにわかが大艦巨砲主義の日本ガーとかトンチンカンな論をぶちかます季節
戦中もせっせと戦艦作ってたのはアメリカ
日本は揉めはしたけど最終的には開戦前に航空主兵に決定、模擬戦でも長門が航空機相手に何もできないまま何度も撃沈判定食らって時代じゃないことは知ってたんで、開戦と同時に大和型三番艦ですら建造途中でドックあけろと事実上の中止
[ 2020/08/07 08:34 ] [ 編集 ]
[ 180514 ]
戦艦の主砲って、撃つと海面がソニックブームで凹むじゃん
雷鳴よりも凄まじい爆音が轟いて、もーのすごい反動であの巨大な船がゆーらゆーら木の葉のように揺らぐ
あんなん鉄板がどんだけ分厚くても物理強度なんて関係なくブチ破られそうな気はするわ
止められるのは巨大な質量だけじゃないの
[ 2020/08/07 15:19 ] [ 編集 ]
[ 180515 ]
ぶっちゃけ、トールボーイ、グランドスラム、クラウドメイカーあたりの超大型地震爆弾クラスの命中には大和ですら耐えられないだろうし、複数発当てれば撃沈は確実だと思う。ティーガーにシャーマン ファイアーフライとか同じ兵器同士で競うことが見栄になるのはわかるけど、現実的には相手のルール外で戦えた方が強いのは基本だよね。
何なら機雷敷設で十分かもしれない。
[ 2020/08/07 17:15 ] [ 編集 ]
[ 180516 ]
>現実的には相手のルール外で戦えた方が強いのは基本だよね
戦艦の装甲は弾薬庫や機関のような重要区画で砲弾が炸裂してワンパンKOされないようにそこを徹底して守る「集中防御方式」になっている。
なぜかというと、艦隊決戦で砲戦を維持すること、つまり落伍せずに走れて砲撃継続ができるユニットが多い艦隊が勝つから。
全体をうっすら防御すると、この重要区画が敵より早く貫通されてしまう。
つまり、重要区画に徹底的に装甲の重量リソースを割いた方が勝つ。
なので、航空機の時代にはあまり適しておらず、ぶっちゃけ大きな爆弾でなくても波状攻撃で中爆弾が降ってきたら出血多量で中破大破してしまう。
[ 2020/08/07 18:30 ] [ 編集 ]
[ 180521 ]
>>180501
時代遅れならなんでアメリカは作り続けたんですかね?
戦艦は航空部隊の掩護下では圧倒的な火力を存分に振るう事が出来る上に空母を守る役割を担う事が出来る
また夜戦には砲を載せた艦艇が必須だったし上陸支援では戦後も大活躍をしている
大和型が活躍出来なかったのは運用が悪かっただけで建造時期的には丁度良すぎるくらいだわ
[ 2020/08/07 19:55 ] [ 編集 ]
[ 180538 ]
これってたしか、980mっていう超至近距離からの砲撃で打ち込んだものでしょ。
アメリカってこういうハッタリ好きなんですな。
[ 2020/08/08 05:50 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク